いわき琥珀ミニ展レポート
2004年3月30日(火)〜4月4日(日)


いわき市文化センター

初日、3月30日(火)の模様

初日早々大勢のお客様が来場しました。
また、マスコミ各社も取材に訪れました。
展示資料数 およそ300点
2003年に公表されたアリ化石のうちハリアリ亜科を4月3日、4日に展示。尚、会期中、随時展示解説。こはくQ&A 琥珀研磨実演などを行います。

Photo by 鈴木千里


コハクの岩塊

展示会場の様子



来場者の皆さんは興味深くコハクを
見入っていました。



先日第2回 琥珀体験inイブキ
で参加者の皆様が製作した作品を
展示されました。



最終日、4月4日(日)の模様

午前10時開場と同時に切れ目なく
観覧のお客様が来場しました。



いわきで採取された琥珀


展示会場の様子



最終日はいわき自然史研究会顧問
高橋先生による「琥珀」に関しての
講演会が開催されました。

最終日なので混み合っています。

3/30〜4/4の6日間の開催期間中
1,300名様が来場されました。
琥珀に関して市民の皆様の関心が
高いことがわかります。

ご来場ありがとうございました!


発掘日誌目次へ
戻る



表紙へ戻ります。



Copyright(C) 2004 Fossil World All Rights Reserved.